記事の詳細

エビス紙料が創業したのは昭和36年です。それからずっとリサイクル関連の仕事を行って来ました。最初は古紙の取り扱いから始まったのです。時代が流れると産業廃棄物となるプラスチックや、紙屑や木くず、繊維の屑等、その取り扱う種類は非常に幅広くなっています。本来ならばごみとなる物ばかりです。しかしそれがエビス紙料のリサイクルシステムによって、様々な場所で新しく生まれ変わっています。

例えば自動車の内装の為の材料が挙げられるでしょう。トイレットペーパー等の再生紙、工場を動かすための電気のエネルギー源、燃料にも変わっています。プランターやうちわの材料など、様々な製品の材料をエビス紙料は再生して世に送り出しているのです。他にも固形燃料の製造もしています。これがRPFです。産業廃棄物の中には、マテリアルリサイクルが難しい古紙やプラスチックを原料にしている物もあります。それは高カロリーを持った固形燃料です。これがRPFと呼ばれています。エビス紙料はRPFを製造しているのですが、これは化石燃料やコークスの代替として採用されているのです。例えば製紙会社や石炭会社、鉄鋼会社が挙げられます。
それから古紙のリサイクルも無視出来ません。そもそも日本は古紙リサイクルの技術に関しては高いレベルを持っています。元々古紙問屋として創業したエビス紙料では、創業以来この古紙についての経験やノウハウなどをしっかりと持っているのです。それを踏まえて新しい古紙リサイクル等も考えています。

エビス紙料は環境を大切にしている会社です。瀬戸内海に面した地域に会社はあります。リサイクル事業は廃棄物が飛散する可能性も出て来るのです。それは環境破壊に繋がります。しかしエビス紙料はその飛散が起こらないようにきちんと予防を行っているのです。環境管理に関しては、法令もあります。もちろんその法令をきちんと順守して、なおかつお取引先の要望に応えられるよう努力をしているのです。そして、社員だけでは無くて、協力会社も理解し、目標の達成に向かって全員が行う事に対して努力をしています。工業団地の中にあり、その中での規定条件も順守しているのです。リサイクルを行う業者として、愛媛工場では、環境汚染が起こらないように環境保全に関しての協定書を地元の自治会とかわしています。行事などにも積極的に参加をして、地域とコミュニケーションを取っています。それがエビス紙料という会社です。

エビス紙料株式会社
http://www.ebisu-eco.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る