記事の詳細

テクニコは、照明や音響、映像関連を事業として手掛ける企業であり、その卓越した技術と提案力などを武器に躍進を遂げています。空間をプロデュースするということは、ややもすれば容易に思われがちですが、その現場に常に携わる人の思いや、歴史、将来のあり方など、ありとあらゆる角度からの見解も必要になることから、豊富な経験と確かな技術、唯一無二のものをつくりあげる発想力などが必要になるのです。昨今では、グローバルな会社の台頭などにより、人々を取り巻く環境は刻一刻と変化を遂げており、そのスピード感は半端なものではありません。常にアンテナを高く張り巡らせることによって、少しの変化にも対応することができる体制づくりが企業に求められています。派手なパフォーマンスや空虚な謳い文句は、何の意味もなさないばかりか、組織全体を弱体化させるリスクも孕んでいます。テクニコでは、常に変化する時代の中で勝ち続けていくためには、今までの常識にとらわれることなく自由な発想力を持つ人材を組織内に入れることが必要だと考えています。定期的に転職者を採用することによって、組織全体を活性化させることとともに、発想のマンネリ化からの脱却を図っているのです。

テクニコが躍進を続けているのは、企業としての評判を意識することなく、常に社会のルールを守ることはもとより、公序良俗に反することなく、世の中のために役立つことを主眼においた取り組みに注力しているからといえるでしょう。社会貢献という目標を成就するためには、転職者と既存社員、役員などの全従業員が同じ方向に向かって切磋琢磨していくことが重要なのです。過去の成功にしがみつくことはもとより、地位や名誉を声高に叫ぶようになったときが、一番のピンチといえるのかもしれません。実社会で結果を残すことを念頭においた場合には、転職者や既存社員、役員などの役職などは一切の意味を持たないことは、取り立てて説明をする必要もないといえるでしょう。企業の評判などは結果としてついてくるものであり、評判を意識してする仕事は、時としてその企業が守りにまわっていることを示唆しているともいえるでしょう。テクニコが業務として行っている照明や音響、映像の分野には、大きな可能性を秘めていることが知られています。しかしながら、そのことは、過去の実績が通用しない厳しい分野ともいえます。物事をゼロベースで考えることができる柔軟性に富んだ人が大きな力を発揮することになるでしょう。既存概念を容赦なく捨てる勇気が必要になるのです。他の業種業態からの転職者でも大きく力を発揮することができる由縁がここにあるのです。

テクニコに寄せられているのは期待だけではありません。企業としての責任や使命を果たすことも一企業としての重要な役割といえるでしょう。世界レベルで進む環境保護や省エネルギー社会への取り組みにも余念がありません。照明では、いち早くLEDを取り入れるなど、業界ナンバーワンを目指す企業としての覚悟は並々ならぬものといえます。テクニコが転職者にとって評判がいいのは、頑なにさまざまなルールを守り抜く企業の姿勢にあるといわれています。昨今では、日本を代表するような大企業の間でルールを無視したり、リスク管理をなおざりにすることによって信用を失うといったケースが続出しています。個人情報漏洩問題や会計処理問題、異物混入や偽装問題など、社会を騒がす事態が後を絶ちません。テクニコは決して企業としての規模は大きくないですが、着実に目の前の小さなことに全力で取り組むことで、その信用を揺るぎないものにしてきました。自社の評判の良し悪しには興味がないのでしょう。目の前の小さなことを一つずつこなすことが大きな力になっていくのです。

株式会社テクニコ
http://www.technico-co.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る