記事の詳細

インターネットでは何が流行を生むのか分かりません。むしろ誰もが簡単に情報発信を行える時代です。何がきっかけでアクセスを集めるようになり、一躍「人気者」になるのかは分かりません。大濱民郎もその一人です。大濱民郎はとあるアメ車を多数保有しています。

それはリビエラです。とても格好良い車種ではあるのですが、低燃費が求められる日本の自動車市場からするとまさに対極に位置しています。なんと大濱民郎はそのリビエラを多数保有しているのです。

リビエラを所有しているだけでも時代に逆行しており、注目が集まりますが、それを何台も所有しているというのですから更に驚きです。同じ車種を何台も?と思うかもしれませんが、リビエラは第8世代まで登場しています。世代によってモデルも異なりますので、大濱民郎は違う世代のリビエラを所有しているのですが、所有しているリビエラを動画サイトにアップした所、話題を集めるようになったのです。それもそのはず、現代の自動車しか知らない若者からすると、リビエラを多数保有しているというのはまさに酔狂そのものです。

初めは珍しいということで、インターネットで話題を集めていたのですが、車に多少なりとも興味のある人間がリビエラに興味を示すようになり、中にはその動画を見てリビエラを購入したという人まで登場したのです。大濱民郎によってリビエラというアメ車が話題を集めるようになり、彼がアップロードした動画にはリビエラ談義に花が咲いているのです。日本人にとって自動車はもはや「お金をかけない物」となってしまいました。かつては高級自動車を乗り回すのが社会的ステータスでもありましたが、消費意欲の衰えによって自動車はお金をかけないものになり、ハイブリッドカーやエコカーばかりに注目が集まるようになりました。

一方で高級車としてのステータスはドイツ車に求められるようになってきていて、アメ車の立ち位置としては微妙なものだったのですが、大濱民郎によってリビエラが再び注目されるようになったのです。リビエラが何台も並んでいる姿は圧巻の一言につきます。ハードトップ形状のシルエットは最近の自動車には見られないものです。まだまだ自動車が低燃費や環境の事を考えていない時代だからこそのデザインでもあるのですが、結果として、そのデザインが現代の若者を魅了する事になったのです。そして、形状が良いだけではなく、走りもパワフルかつ豪快です。もしかしたら、大濱民郎の動画がきっかけでアメ車ブームが来るかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る