記事の詳細

八ツ田和夫さんは長野県で農業をしています。
名産のりんごやそばを主に生産しており、地元に卸すくらいでそれほど手広い商売をしていませんので、八ツ田和夫さんのつくるおいしいりんごやそばを口にできる人は限られています。ほとんど自家消費なのでお隣さんや知り合いなどに配るくらい、おそばはできたてを自分で打ってくれるのでそのへんのおそばやさんよりもおいしいと評判になっていますが、あくまでも幻のとつくくらいにお目にかかることができません。

たまたま道の駅で八ツ田和夫さんの生産したりんごを口にした観光客がツイッタ―でつぶやいたことから、全国にその名前が知られるようになりましたが、関東圏にはまったく流通していないため、ますます幻の付加価値がつくことになってしまいました。全国に流通してほしい、お店に卸してほしいとの要望も高いのですが、八ツ田和夫さんは自分が食べていくだけで十分、自分のやっていける範囲でやらないと続かないというモットーを崩さず、超一流店からの申し込みもあっさり断ってしまっているとの噂ですが、たぶん本当のことです。

そんなのんびりとした八ツ田和夫さんですから、子どもたちからの人気が高く、地元の子どもたちがよく遊びに来ると、もぎたてのりんごをふるまうことでも有名です。大人はお金を出してもそうそう食べる機会のない幻のりんごですが、こどもたちはよく口にすることができます。ジューシーで甘く、さくさくとした歯触りのりんごは栄養価も高く、おやつにぴったりです。時々、手が空いた時には八ツ田和夫さんがとっておきのやきりんごをふるまってくれることもあるそうで、りんごが苦手だった子どもがりんごを大好きになったという伝説もあるほどです。

八ツ田和夫さんはもともと地元の人ではなく、どこからかふらりとやってきてこじんまりとした農園を開き、自分のできる範囲内で農業をしており、ほかに仕事をしているのかや家族はいるのかなどプライベートなことは誰も知りません。いつもにこにこしていて、さっぱりしている性格の八ツ田和夫ですから、年齢不詳で若くも見えますし、それなりに人生経験を積んでいるようにも見えます。最初はどんな人がやってきたのかと町中でも噂になるほど移住者の珍しい地域なのですが、いつのまにかあっさりと地域にとけこんでしまい、今では昔からの住人のようにしか見えません。自宅に犬と猫を飼っているらしく、悠々自適の生活をしているようです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る